読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

皆、曲学阿世でしょ

気になった時事ネタ、単語、言い回し、事象等をどう理解したか等ほとんど雑考

うなぎ味のナマズが開発されたそうです。

この数年のうなぎの騒ぎは、大変な物があります。

中国や東南アジアでのうなぎ需要の高まりを背景にうなぎの稚魚であるしらすが手にはいらないとか高価過ぎるとかで流通量も減りつつ有り実際のスーパーなどでの販売価格もまさにうなぎ登りです。

うなぎ味のナマズ開発

そんなうなぎの品薄を補うための商品としてうなぎ味のナマズが開発されたそうです。

www.sankei.com

開発したのは、またしてもクロマグロの養殖で名を上げた近畿大学です。近畿大学には、「きっと食いしん坊ばかりで食べる事への情熱がすごいんだろうな」と思えるくらい食品関係では、いろいろな成果をあげています。

そのうなぎ味のナマズですがナマズは、養殖方法が完成されているので容易に増殖させることができるので数の供給は、楽ですし泥臭さも地下水を使用する事で排除できたそうです。後は、餌を工夫しただけでナマズがうなぎ味に変身と元ネタを読む限りでは、随分と簡単な気がします。

味に関して

食べた人の感想だとナマズと言われなければ分からない程度の味だそうです。食感とかは、違うのではないかという気もしますがあのうなぎのタレをつけたら味の薄い魚は、だいたい同じような風味になるのではないかという気もします。

そして「ナマズなんて気持ち悪いから売れない」という点も気にする必要は、ありません。

なぜなら回転寿司が良い証拠です。回転寿司に使用されている赤みや白身の魚は、実際は、日本では、あまり見られないマンボウとか深海魚等が原料なのです。

スーパーの安いお惣菜に使用される白身のフライ等も以前は、タラが多かったようですが最近は、聞いたことがない魚を原料に使用しています。ナマズの仲間を使用している事もあるらしいです。

アメリカ南部では、ナマズは、普通に食べられているらしいですしベトナム産のナマズの仲間をニッスイだかマルハだかが魚肉ソーセージに使用しているとかいう噂も聞いたことが有ります。

matome.naver.jp

ナマズというと真っ先に思い浮かぶのが地震かもしれませんが釣りに行くと引きが強いので面白かったりします。

ただ、ナマズの歯がすごいのと針を結構深く飲み込むので取るのが怖かったりしますけど。

元ネタの文章をそのまま真に受けるとそのナマズを川で釣ってきて綺麗な水の水槽で工夫した餌とやらを与えるとうなぎになってしまうかのような印象を持ちました。

ただ、それだけなら他の人でも開発に成功していそうなので多分餌に何か秘密があるのかもしれません。

だって、「ニホンウナギの半分程度の養殖費用」と書いてあります。ニホンウナギの販売価格は、結構高いのでその半分と言ってもアジや鯖よりも高価な販売価格でしょう。(下の記事だと試食品は、1食2200円と記述があります。)

mainichi.jp

結局、現段階では、まだ気軽に食べるようなものでは、無いという事です。大量に出まわって量産効果で安くなるかもしれませんけどそうすると牛丼のように安いお店が出来てあっというまにうなぎの価値が下がるのかもしれません。

それは、良いことなのか悪いことなのか判断が難しいです。だって、高級品が一般品になったら特別な日に何を食べるか?で選択肢が減るということでしょう。

現在は、上司に「今日は、うなぎをおごってやる」とか言われたら余程嫌いな上司以外、喜ぶ人が多いでしょうが一般品になったら「なんだよ、うなぎかよ」と不満になる可能性もあります。

最後に

ウナギというと高級品のイメージでそんなに普段から食べるようなものでは、ないという食品ですから高価でなかなか手を出しづらいままで居てくれる方が良い気がします。

別にウナギがなくなっても普段の生活で困るような食品でもないですし。むしろウナギ自体よりもしらすの方がご飯の上にかけて食べるのに良いのでそちらの方の大量生産をなんとかしてくれた方が嬉しい気がします。

そう考えると近畿大学って高級食品ばかり養殖方法を開発しているんだなと思ってしまったりします。費用がかかるので販売価格がある程度の水準の食品じゃないと運用不能という事もあるのでしょうけど。

漫画でウナギイヌとかいうのが居た気がしますがあれは、どんな味なんでしょうね。

では、では。

広告を非表示にする