皆、曲学阿世でしょ

気になった時事ネタ、単語、言い回し、事象等をどう理解したか等ほとんど雑考

携帯電波による医療機器誤動作の恐れは、低いそうです。

 10年少々前位から数年前まで電車に乗るとアナウンスがありました。携帯電話の電源は、お切りください。

 元々は、携帯電話の電波が心臓ペースメーカーの誤作動を誘発するという理由から「人の命に関わる事」として急速に周知され多くの人が従います。

 それが何年か前からマナーモードにするようにというアナウンスに変わりました。「あれ?電源は、切らなくても良いの?」と思いましたが当時自分の周辺の人に聞いたところ電源を入れたままマナーモードにしていた人が殆どだったようです。

 そしてそれからしばらくして段々と電源を切っているどころかどう見ても携帯を操作している人が目につくようになりスマホが流行りだした頃から多くの人が車内でスマホいじりを行うシーンを見るようになりました。 

 ただ、未だに車内で通話を行う人は、少数です。たまに、いますけどね。「今電車の中なので・・・」と言って切るのです。

 最初から出なくても良さそうですが出てしまう人の気持を想像してみるとたぶん「出ないと相手に失礼と思うから」、「緊急の要件かもしれないから」という事なんだと思います。

 でも、切るのは、車内で通話する事は、宜しくないことだという認識もあるのでしょう。

 ただ、この認識は、「医療器具への誤作動を懸念する」では、なく「マナー違反を言い咎められるのが怖い」なんだと思います。だって、「今電車の中なので・・・」という通話を既にしてしまっているのですから。

医療機器への影響

 殆どの人が上のような認識なんだと思いますがそんな携帯電話の電波でペースメーカーが誤作動する事故や死亡事故がどの位今までに発生しているかというとなんと0だそうです。

 下が最近の携帯電波の調査結果。

www.tabroid.jp

下が2Gの頃の携帯電波の調査結果。

smhn.info

上のネタを元にすると影響があるのは、2G回線が主たるものであるしなんとFOMA端末では、1~2cm以内に近づけないと影響が無いということが総務省の調査で解っているそうです。

 

www.asahi.com

 上のネタの内容を読むとペースメーカーを使用する人も同じ列車に同乗した人もお互いにデメリットのルールだったように思えます。

 ペースメーカーを使用する人は、「携帯電話所有者から距離を取らねば」と気を使って乗車しただの乗客携帯が着信して着信音が鳴ろうものならその場の全員から視線で人が殺せる位の厳しい目で見られます。

乗車マナー

 中には、車内での携帯使用への批判からけんかになり列車が停まった事件も。

www.nikkei.com

上のような事件になってしまうとデメリットの方が大きいというか莫大に思えます。47本運休の鉄道会社の被害額や利用者の損害は、すごい事になりそうです。

 そんな電車内での携帯利用に関する姿勢を変えようという総務省の新しい指針に関してが上の朝日新聞の記事です。

 皆が皆不思議に思っていたようですし正確な情報を提供するという点で評価できます。

 そして、もう一つ認識して置かないといけないことは、すでに数年前にアナウンスの内容が「マナーモードへ」という内容に変わった頃に医療機器への影響は、無いことが分かっていたのです。

 それでも車内アナウンスで「マナーモード」と「優先席付近では、電源を切るように」という事を言い続けたのは、一番大きいのが「マナー」の部分のようです。

 改めて考えると列車に乗る為のマナーなどという物があるのは、お茶の作法みたいで面白いですがようするに列車のような閉鎖空間で他人が大きな声で会話していると「非常にイライラ感がつのる」、「乗客間のトラブル防止」という側面が大きい為どこの公共輸送機関でもマナーモードへといアナウンスをしてきたという事のようです。

対応

西日本方面では、すでにマナー部分が2014年7月に削除されているようです。

JR西日本関西鉄道協会連名での掲載です。

www.westjr.co.jp

 関東圏では、まだ「マナー」部分がある気がします。

ただ、優先席付近での携帯電話の電源に関しては、まだ対応されていないようです。

最後に

 医療機器への影響は、心臓をむき出しにして日本では、電波が止まったので使用できない旧式の携帯電話を押し付けないと無理というレベルのようです。

 まだ、こういった知識が周知されていないので特に心臓ペースメーカー等の医療機器を使用している人は、生活上不安な部分があるようですがこの点が周知されれば心配事がひとつ減り生活しやすくなるような気がします。

 それとマナーとしての車内での携帯電話不使用ですが結局は、他人の話し声にイラッとなる人が激昂してトラブルになり易いから公共交通機関によるトラブル防止策として意外に悪くない対応だったような気もします。

 ただ、「携帯での話し声が」という理由だと友達と楽しく会話する女子高生等一般的な会話も禁止しなければ理屈的におかしいので対応が不十分であったとも思えます。

 理屈をこねると車内では、「急病や災害等の緊急時以外は、一切言葉を発する事を禁止する」か「携帯だろうが音楽プレイヤーだろうが制限なく自由」のどちらかが正論のような気がします。

 どちらに転んでも物議を醸しそうです。言葉を発する事を禁止の場合は、小さな子供や赤ん坊を抱える親御さんは、乗れなくなるでしょうし完全自由だとただでさえ少なくない喧嘩や言い争いを理由とする電車遅延が激増するでしょうし。

 まだ、まだ、公共交通機関車内でのマナーに関しては、議論の余地が随分とありそうな気がします。

 たぶん、テレパシーで会話できる装置とかが発明されない限り解決できないのだろうなぁと思います。

 そんなところです