皆、曲学阿世でしょ

気になった時事ネタ、単語、言い回し、事象等をどう理解したか等ほとんど雑考

2015年6月1日からは、自転車でも気軽に違反切符を切り易くなるようです。

 2015年6月1日から道路交通法の改正が施行され警察官が違反者を見つけた際に取り締まりをしやすくなりました。

f:id:omoneru:20150601230646j:plain

自転車関連の法整備が進んだ経緯

 なんで「しやすく」と書いたかと言うと当然以前も自転車に関わる法律は、有った訳ですがその罰則は、取り締まり即前科者という自動車だと赤キップに該当するキツイ物だったので警察側も高校生等にいきなり赤キップ切って前科者にするのは、いささかきつすぎでは、という心情的な理由から何度注意しても従わない人意外は、罰則を行わない方向性だったようです。

 

wpb.shueisha.co.jp

 が、6月1日からは、青切符という罰金だけで済む自動車と同じ方法が用意されたので今後は、警察も取り締まりを行うようになって行くだろうと推測されます。

rocketnews24.com

自転車関連の規則 

  で、その内容が14項目の自転車関連の交通ルールなのですが普通に自転車に乗っていれば規則など意識せずとも自然にそうなりそうな内容が大多数ですが意識しないとダメそうなのが幾つかあります。

 停止線での一時停止。(停止線で止まって片足をつかないと駄目だそうです。)

 自転車運転中の携帯/スマホの操作、イヤホン使用。

 優先道路を横切る際の優先車両への配慮。(車に乗らないとどちらが優先か解らないのでは?)

 自転車レーンがある際は、自転車レーンを走する事。

等が自転車運転者が良く当然のように違反している箇所です。

 今までも自転車は、軽車両なので上記も対応しないといけなかったのですが世間一般的に余り気にされていなかった事と警察側も余程危険な場合は、余り注意すらして来なかったという事もあり御座なりだったと思います。

 今回の改正で取り締まりの対象となる人は、14際以上の全ての自転車運転者となっていますので高校生も含まれます。

 高校生で良く見るのが運転中のスマホとイヤホンです。

 この辺りは、傘さし運転と同じ安全運転義務違反になるのですが傘さし運転中に老婆に接触した際に老婆がなくなったとかいう場合に女子高生が多額の賠償請求をされたというニュースの時に赤キップだった気がしますがそれ以外では、余り処分されたという話を聞いた事がないです。

 が、今後は、気軽に警察官が処罰、注意の根拠となる青切符等が用意される事で比較的容易に取り締まりが実行されるような気もします。

 ちなみに今まで自転車の違反で切られた赤キップの数は、なんと6000件を超えているそうです。意外に普通に取り締まられている気がします。

それに近年、警察は違反自転車の取り締まりを徐々に強化していて、赤キップの交付件数は2009年に全国で1326件だったのが、2年後の11年に3956件、そして13年には6796件と急増。そうした流れの中で制度を現実に即した形にしたのが今回の道交法改正なんです」

引用元:週プレNews

 心情的には、少々キツイ処罰かな?と思うような赤キップを切らないといけないほどの状況が年々増加して来た事で待望の青切符の登場という事なので今後は、ガンガン自転車の違反が取り締まられるのでは、無いかと思います。

 そして、取り締まりがきつくなる根拠としてもう一つあるのが自動車の駐車違反を警察が外注委託した事です。

 あれにより警察の交通課が暇まで行かないとも余裕が出ている筈です。なのでその穴埋めとして自転車もガンガン取り締まるという方向で行くのでは、無いでしょうか。車よりマナーが悪いのは、確かですしね。

 そして2回処罰されると自転車運転者講習と受講しないといけないそうです。拒否すると5万円以下の罰金そして前科者です。

 ただ、運転免許があれば免許によって身分証明が可能ですが自転車の場合は、それがないのでどうやって同一人物が何回違反したかを記録するのかが謎なところです。

 また、今回、中学生が対象から除かれたのは、何故なのか不明ですが20歳未満の場合は、当然罰金は、保護者が支払うわけですから中学生も入れて良かったような気がします。

 というよりも中学生を入れないと田舎での違反になりそうな人々で一番多いのは、登下校中の中学生だと思いますし実際近隣住民からクレームが毎年学校に入るのですからいきなり罰金にしなくても「中学生と言えども罰金にできるのだから注意するように」と中学生位からきっちりと指導しておかないと結局年齢が上がって他人の言うことを聞かなくなってから指導してもなかなか矯正できないという事になりそうな気がします。

 全体的には、概ね良い内容の法改正だと思いますがその内容を津々浦々の人々に周知するのに時間が必要そうです。

 だって、前回の傘さし、スマホ、右側通行の禁止の徹底等も今だに知らない人いますから。

 「えっ、知らなかった」という状況が全国で発生しそうです。

最後に

  子供の頃は、自転車でリヤカーを引くおじさんが結構いましたけど種々の法規制や自動車の普及でいなくなりました。

 仕事で使う数は減っても自転車は、特に中高校生を中心として多くの人に利用されている乗り物ですので安全に利便性を損なわない形でのこういった法改正は、良いことだと思います。

 もう一つ行くとヘルメットの着用が幼少児を同乗させていた場合に義務では、無く努力目標となっているのが残念な気がします。

 幼児だけでは、なく自転車運転者は、全員ヘルメット着用努力で良かったのでは?

 そして次回義務化と言う流れにすれば落ち武者のようなおじさん達の髪が風圧で変に揺れているのを目撃し笑いをこらえなくても良いのに転倒時や他車両との接触時に頭を打って死亡等の被害が減るでしょう。

 次回の法改正時には、ぜひヘルメットや安全器具の着用努力目標を盛り込んでほしいと思います。

 ではでは